地衣類とは

地衣類とは、藻類と共生して「地衣体」と呼ばれる構造体を作っている子嚢菌や担子菌を指します。地衣類は、熱帯から極域にかけての海岸から高山まで分布しており、地球の全陸地の約6~8%を被っていると見積もられています。土や岩石、樹皮、あるいはコンクリートや屋根瓦といった人工構造物など、様々な基物に着生し、生葉上に地衣類が生育することもあります。世界で約2万種 (Lücking et al. 2016) 、日本では約1800種 (Ohmura & Kashiwadani 2018) が知られています。共生している藻類は、地衣類全体の約85%が緑藻、約10%がシアノバクテリア、約5%には両者が含まれています。

地衣類研究会では、地衣類、共生藻、地衣生菌の分類、生態、培養、共生現象、遺伝子解析、アートなど、アマチュアから研究者まで幅広く地衣類の魅力について会員間で情報交換を行っています。地衣類に関する話題は会報「ライケン」をご参照下さい。

地衣類ってなに?地衣類の概要について知りたい方は、まず 国立科学博物館「地衣類の探求」のページを訪れてみましょう!

国立極地研究所のHPでは南極昭和基地周辺の地衣類が写真付きで紹介されています。極地特有の環境に適応した様々な地衣類をお楽しみください!(写真は南極キングジョージ島)

 

会報「ライケン」話題紹介
これまでに発行されたライケンには、地衣学に関する興味深い記事が満載です。
ライケンは年2回発行され会員の方へ郵送されます。本会に興味を持たれた方は入会案内をご覧下さい。
 調査・観察・標本
大村嘉人・樋口満理.「携帯電話で地衣類撮影」.ライケン15(1)
大村嘉人ほか.「標本作製法-長期旅行編」.ライケン11(1)
大村嘉人.「地衣類観察におけるルーペについて」.ライケン13(1)
柏谷博之.「地衣類研究の手引き(1)」.ライケン8(4)
黒川逍.「地衣類の採集と標本の作り方(I)」.ライケン3(2)
黒川逍.「地衣類の採集と標本の作り方(II)」.ライケン4(3)
 培養方法
板東誠・杉野守.「グロースキャビネット内でポリエチレン袋を用いた地衣の栽培法」.ライケン10(2)
山本好和.「地衣類の組織培養」.ライケン6(2)
 地衣成分
木下靖浩.「培養地衣菌における成分生産」.ライケン10(1).
柴田承二.「地衣成分研究の回顧」.ライケン9(4) & 10(1).
 生 態
渡辺 篤.「地衣類による森林土壌の窒素地力の増強」.ライケン4(1)
 共生藻
竹下俊治.「共生藻と地衣類学」.ライケン11(3).
中野武登「共生藻類の分離・培養法」.ライケン6(3).
 教 材
高萩敏和.「地衣類の教材化(1) ウメノキゴケでリトマス試験紙を作る」.ライケン10(3).
 地衣類の利用
環境指標
中川吉弘.「環境指標としての地衣類」.ライケン10(2).
○ 地衣染め
寺村祐子.「地衣類染色法」.ライケン5(1).
食用地衣類
大村嘉人.「食べられる地衣類は?」.ライケン13(3).
黒川逍.「雪茶に関する追記」.ライケン10(1).
樋口正信.「中国でカブトゴケモドキを食べる」.ライケン10(2).
吉田考造.「バンダイキノリは食べられている」.ライケン6(2).
地衣類を利用した薬
吉村庸.「地衣製剤ウスノ」.ライケン1(2, 3).
装飾用の地衣類
吉村庸.「装飾用のミヤマハナゴケ」.ライケン1(2).
その他
地衣類の手話表現
廣瀬彩奈・大村嘉人・土肥輝美「地衣類の手話表現」.17(2)
地衣類の名前について
大村嘉人.「ユオウゴケの和名について」.ライケン13(2): 8-9
地衣類と他の生物との関わり
矢野幸夫.「地衣を食う毛虫」.ライケン7(1)