ウスギワゴケ  Arctoparmelia centrifuga (L.) Hale

ウスギワゴケ
Arctoparmelia centrifuga (L.) Hale

拡大写真はこちら

学名: Arctoparmelia centrifuga (L.) Hale
和名: ウスギワゴケ
撮影場所: near Kontakt Biological Station, near Kulu, Magadan Obl, Russia
撮影日時: 2002年8月10日
撮影者: 阿部 渉 (北海道大学)

コメント: 日本でも大雪山などの高山へ行くと,ひときわ目立つこの地衣類を岩上に見つけることができます。上部の写真のように放射状に生長を続けて,古い部分は枯死していくために,岩の上にしばしば環状の模様ができます。ウスギワゴケの仲間でイリタマゴゴケという種がありますが,そちらの種には地衣体背面に粉芽が生じます。イリタマゴゴケの近縁種ですから,地衣体は同様にイリタマゴ色(?)です。(灰黄色~緑黄色)。
(同定&コメント:大村嘉人,国立環境研究所)