タカネヘリトリゴケ(新称)  Porpidia flavicunda (Ach.) Gowan

タカネヘリトリゴケ(新称) 
Porpidia flavicunda (Ach.) Gowan

タカネヘリトリゴケ(新称)
Porpidia flavicunda (Ach.) Gowan

拡大写真

学名: Porpidia flavicunda (Ach.) Gowan
和名: タカネヘリトリゴケ(新称)
撮影場所: near Kontakt Biological Station, near Kulu, Magadan Obl, Russia
撮影日時: 2002年8月10日
撮影者: 阿部 渉 (北海道大学)
同定者: 井上正鉄 (秋田大学)

コメント: 世界各地の高山・極域に広く分布する。北海道から中部山岳地帯の高山・亜高山の岩石上に普通にみられるが、愛媛県石鎚山頂のシコクシラベ林でも良好に生育している。外観も生態も本種に酷似する種に頭状体をつける Amygdalaria aeolotera (Vainio) Hertel & Brodoがある。
[コメント:井上正鉄(秋田大学)]
人気投票のコメントより
 ・しぶい色で、好みです。